代表挨拶

わたしたち廃校文化祭実行委員会は、理想の文化祭を目指しています。

次の年以降も語り継がれるような立派なものを残すということを、第8期の実行委員会として今年は強く求めていきます。

しかし同時に、わたしにはそこに至るまでの過程も、廃校文化祭実行委員会らしい特別なものとして残したいという思いがあります。この団体のこの人々とで無ければ味わえなかっただろう体験や思い、そんなものも実行委員会固有の財産となると考えています。

団体として動くことには当然マンパワーが大きくなり、より素晴らしいことを生み出せるという利点があります。その上、個人単位では味わえないであろう大人数で成し遂げることでの達成感を得ることが出来ます。わたしたちは文化祭という共通の目標を持つことで、学校の境目を越えた達成感を生み出したい、伝えたいと思っています。

今年度もよろしくお願いします。

第8期代表  岡本 千波